トキログ!

トキログ!

「絵を描くこと」=「生きること」。未来ある子どもたちに美術の楽しさを感じてもらいたい!

小野彩華さん(2014年3月卒)
油絵画家(東京造形大学絵画専攻領域 卒業)

小野彩華さんは大学卒業後、1年で個展を開催するなど注目の新鋭作家です。内面的なイメージを構成をする力と緻密でリアルに描き上げた油絵は高い評価を得ています。そんな小野さんに、作家を目指したきっかけやトキワ時代の思い出をインタビューしました。
 
 
Q:まず、仕事内容について教えてください。
A:「画家」です。中でも、油絵具という画材を用いた人物画を主に制作しています。完成した作品は画廊(百貨店含む)と呼ばれる作品を展示するためのギャラリーで展示・販売され、そこで売約となった作品から収入を得ています。ちなみに、日本の美術市場は海外とは異なり「作品サイズ」を基準にして作品価格がつけられることが多いです。(小さいほど安値、大きいほど高値)

Q:画家になった理由を教えてください。
A:単純に「絵を描く」ことが好きだからです。物心つく頃から絵を描いていて、趣味というより生活の一部なように感じています。作品が完成した時の高揚感も上手くいかないときの苦しみも全てが愛おしくて、今となっては「絵を描くこと」=「生きること」という考え方が一番近いような気がします。

Q:画家になったきっかけを教えてください。
A:前から絵に携わる仕事に就きたいと考えてはいました。そのなかで、大学3年の時、現役で活動されている若手画家(30代前後)が集まる強化合宿に参加し、そこで初めて「画家」として生計を立てている人たちに出会いました。それぞれ自分の目指すべき絵画を追い求め必死に努力する姿に、感銘を受けたことがきっかけです。今、私が「画家」として活躍できるまでに成長できたのは、この時に出会った先輩方にまず何をすればよいのか、どこで発表すればよいのかなど細かいご指導を受けたことが大きく影響していると思います。林修さんの言葉ですが「正しい場所で、正しい方向で、充分な量をなされた努力は報われる」ことを身をもって実感しています。とはいっても、まだまだ発展途上の未熟者ですのでこれからも楽しみながら努力を重ねていくつもりです。

Q:トキワ松で経験して、役に立っていることがあれば、教えてください。
A:一番助けられているのは人間関係です。美術クラスは3年間クラス替えがなかったので、そこで築くことができた友人たちとは今でも会ったり、時にはモデルとして描かせていただくこともあります。用事のある日以外は社会と離れてアトリエで引きこもりがちの生活をしているため、今でも気にかけてくれたり展示を見に来てくれる高校の友人や先生方には本当にいつも感謝しています。

Q:トキワ松で成長できたことを教えてください。
A:美術クラスには個性的な人がたくさんいたので、なんとなくその人たちの話を聞いているのが好きでした。今思えば、そこで身についたコミュニケーション能力が、現在周りの人たちとのやりとりに大いに役立っているのだと思います。

Q:トキワ松で頑張ったことを教えてください。
A:「好きなこと」に対しては情熱を注ぐ性格ですので、部活動や好きな教科の勉強は特に楽しんで取り組んでいたと記憶しています。特に受験期は、諸事情で予備校に通えなかった自分なりにできることを探していて、放課後石膏像を貸してもらっては毎日下校時間までデッサンをしていました。描けば描くほど上手くなるデッサンは好きで仕方なかったです。

Q:トキワ松の学習指導の魅力を教えてください。
A:予備校に通っていなかったので、自分がどのくらいのレベルなのか把握できず不安に駆られることがしばしばありました。しかし、当時担任だった先生が冷静に今の状況や今後のことを的確に助言してくださったおかげで、自分に足りないものを見直すことができ第一志望の大学にも無事合格することができました。トキワ松にはそのような先生方が沢山いらっしゃるので、非常に大きな存在になっていました。

Q:進路選択やキャリアを描く上で、役立ったトキワ松のサポートがあれば、教えてください。
A:申請をすれば、放課後も自習室や美術室が使えたことです。担当の先生に聞けばどの先生も丁寧に教えてくださいますし、そのあたりは環境に恵まれたのだなと実感しています。

Q:今後の目標を教えてください。
A:作品の質を上げることです。技術的な意味ではなく、今より幅広いテーマの絵を描けるようになるために色々なものを見に行ったり、他人の作品を研究したりしてあらゆる情報をインプットする時間を増やしていきたいです。それと同時に美術教育にも力を入れたいと考えています。現在、年少~高校生向けの美術教室で講師をしているので、未来ある子どもたちに少しでも美術の楽しさを感じてもらえるよう活動を広げています。

Q:トキワ松でよかったこと・後輩への一言
A:トキワ松には信頼できる先生方がたくさんいらっしゃって、自分が信用できると思った人に相談や指導を仰ぐと良いです。将来を決めるのは自分自身ですから、自分のやりたいことを真剣に応援してくれる人を見つけてください。そして本当に目指したいものを常に考えて、これと決めたら迷わず突き進んでください。失敗とか怖いかもしれないけれど、今のうちに転び方を知っていれば大人になった時の起き上がり方も自然と身についています。陰ながら、皆さんのことを応援しています◎

10+