トキログ!

トキログ!

中学1年生 PAハイエレメントに挑戦!

思考力教育

少し前の話になりますが、2月下旬に、中学1年生の保健体育の授業内にてPA(プロジェクトアドベンチャー)のハイエレメント(命綱を使用するプログラム)を実施しました。

中学1年生は2学期にローエレメント(命綱を使用しないプログラム)を実施し、クラス内で様々な意見を出し合いながら、課題を解決していきました。

そしてついにハイエレメントに挑戦です。今回は「クライミングウォール」と「ジャックと豆の木」を実施しました。

まずは確実にハーネスが装着できているか確認します。お互いに見せ合いながら安全確認を行い、「クライミングウォール」に挑戦しました。

PAには“チャレンジ バイ チョイス”という考え方があります。「挑戦するレベルとその方法はその人自身が決定する」というものです。途中で手が離れてしまう人、一番上まで登りきる人、高さが怖くて途中で降りる人など様々ですが、皆が頑張りを認め合い拍手を送っていました。そして2学期のローエレメントで養ったことを活かし、意見やアドバイスを出し合う場面も多く見受けられました。

もう1つのプログラムは「ジャックと豆の木」です。一見簡単そうに見えますが、死角に足場があったりして皆苦戦している様子でした。しかし下にいる生徒が次の足場の位置を伝えたりして一致団結して行うことができました。

一番上に登れた人は笑顔でピースをしたりしますが、体育館の天井付近まで登っているのでかなりの高さがあります。夢中で登っている時は気づかず、ふと下を見た瞬間に恐怖で足がすくんでしまう生徒が何人もいるほどです。

日常生活では味わうことのできないハイエレメントに挑戦した経験を活かし日常生活でも様々なことにチャレンジしてほしいと思います。

よくがんばりました!

5+