トキログ!

トキログ!

選挙を身近に!高3模擬投票

行事

トキワ松学園では、18歳で選挙の投票権を得る生徒が、選挙の具体的なイメージを持つことや、候補者選びをどのように考えれば良いかを学ぶために模擬投票の授業を行っています。今回も学生団体ivoteの皆さま、目黒区選挙管理委員会の皆さまのご協力を得て、高校3年生の生徒が授業を受けることができました。

 高校3年生は、誕生日が来た生徒が投票権を獲得します。今年は7月に東京都議会議員選挙や、秋までに衆議院の選挙があることから、まさに自分のこととして熱心に学んでいる生徒が多かったように思います。政治とは?選挙とは?というお話から、実際の投票の仕方や選挙で違反となることがらの説明、そして3人の候補の方に演説をしていただき本物の投票用紙と投票箱を使った模擬投票と、2時間で新しい知識や新しい視点を得ることができました。

 

 

以下は生徒の感想です。本日の授業を用意してくださったivoteの皆さま、目黒区選挙管理委員会の皆さま、本当にありがとうございました。

 

・イラストやクイズで選挙のことがよく分かった

・選挙のことを知っているつもりでも、知らないことも多かった

・投票用紙を折っても元に戻るのがすごい!と思った

・紙に書いて投票することができ、実際の選挙を具体的に想像することができた

・3人の候補者の方が本当の選挙のように演説してくれたので、実際の選挙で誰を選ぶのかという参考になった

・若者の意見が少ないと改めて知り、自分が選挙権を持ったら選挙に行ってみようと思った

+3